とりあえず読んでみる
本の感想を思いつくままに書いています。読んだ順番ではありません。   あと非常に偏った趣味なのでその辺もご理解いただけると嬉しいです。    ※画像の大きさがおおざっぱなお勧め度です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逆回りのお散歩 三崎亜記

架空の市町村合併の話ではあるが、現在の日本社会にもいろいろと通じるところがあり、非常に考えさせられる作品である。解釈はいろいろあるだろうが、疑問を持たないことへの危険性を訴えている作品にも思えた。
後半に入っているのは「戦争研修」という「となり町戦争」の番外編。タイトルからしてわかるので、登場人物を伏せる意味はあまりなかったようにも思えたが、これを読むと少しとなり町戦争の印象が変わるような気がする。
逆回りのお散歩逆回りのお散歩
(2012/11/26)
三崎 亜記

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

blogramはじめました

blogram投票ボタン

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。