とりあえず読んでみる
本の感想を思いつくままに書いています。読んだ順番ではありません。   あと非常に偏った趣味なのでその辺もご理解いただけると嬉しいです。    ※画像の大きさがおおざっぱなお勧め度です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖なる怠け者の冒険 森見登美彦

本当に久しぶりの新作。森見らしい屁理屈と特殊な表現が満載でこういうのが読みたかったのだと改めて思った。新聞連載時はあまり面白いとも思わなかったのだが、全面改稿がなされ、格段に面白くなっていた。作者があとがきで書いているように、確かに「宵山万華鏡」や「有頂天家族」の登場人物が出てきてはいるが、全く気にならない。フジモトマサルのイラストもいい感じで物語を盛り上げている。
今年を代表する作品の一つになるのではないだろうか。
聖なる怠け者の冒険聖なる怠け者の冒険
(2013/05/21)
森見 登美彦

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

blogramはじめました

blogram投票ボタン

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。