とりあえず読んでみる
本の感想を思いつくままに書いています。読んだ順番ではありません。   あと非常に偏った趣味なのでその辺もご理解いただけると嬉しいです。    ※画像の大きさがおおざっぱなお勧め度です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沈黙の町で 奥田英朗

かなりの衝撃作である。中学生の転落死から始まって、いじめの事実が浮かび上がる。
そして警察の勇み足があったり、誕生日が来ているかどうかで処遇が変わるという理不尽さがあったり、何よりも一番の悪者が無傷であるというところが本当にうまく現実を描き出しているといえる気がする。
いくつか的はずれな批評を読んだが、いじめで自殺に追い込まれる子と今回の被害少年を混同してはならない。今回の被害少年は死なないタイプだ。それは強いからとかではなくて、そういう人だからであり、決していじめられる側にも原因があるとかそういうことを言いたい作品ではないだろう。
別に一般化していないものを無理に一般化して解釈したうえで批判するナンセンスな連中にはこの物語のすごさはわかるまいが、この少年たちとそれをとりまく学校あるいは地域社会の描き方は本当にすごいと思った。
沈黙の町で沈黙の町で
(2013/02/07)
奥田英朗

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

blogramはじめました

blogram投票ボタン

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。