とりあえず読んでみる
本の感想を思いつくままに書いています。読んだ順番ではありません。   あと非常に偏った趣味なのでその辺もご理解いただけると嬉しいです。    ※画像の大きさがおおざっぱなお勧め度です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山あり愛あり 佐川光晴

山好きの銀行マンが、銀行を早期退職し、松本で大学の講師でもやりながら山に登ろうと思っていたら、別の方向に人生が展開する話。
主人公の回想と、主人公が知らなかった事実がうまく重なり合って、主人公の生い立ちがなんというか「立体的に」見える。そのせいか妙に主人公のキャラクターが把握しやすく、物語に入りやすい。
その一方で、きちんと問題提起もされており、なかなか考えさせられる作品になっていると思う。
山あり愛あり山あり愛あり
(2013/01/16)
佐川 光晴

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

blogramはじめました

blogram投票ボタン

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。