とりあえず読んでみる
本の感想を思いつくままに書いています。読んだ順番ではありません。   あと非常に偏った趣味なのでその辺もご理解いただけると嬉しいです。    ※画像の大きさがおおざっぱなお勧め度です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

噂の女 奥田英朗

糸井美幸という女性をいろいろな人物の視点から描く話である。
こういう書き方をすると有吉佐和子の「悪女について」と似たようなイメージを持つかもしれないが、前者がその人物についていろいろな人物が語るのに対し、これはそれぞれの登場人物の物語が別にあって、糸井美幸はその脇役でちらちらと登場するだけである。したがって語り手が別に設定されており、田舎を舞台にした短編集のような作品になっている。それを通して読むことで糸井美幸が浮かび上がってくるという仕掛けなわけだ。
この構成も面白いが、奥田英朗の毒のきいた感じの話がそれぞれ面白く、読み応えのある作品になっている。
噂の女噂の女
(2012/11/30)
奥田 英朗

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

blogramはじめました

blogram投票ボタン

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。