とりあえず読んでみる
本の感想を思いつくままに書いています。読んだ順番ではありません。   あと非常に偏った趣味なのでその辺もご理解いただけると嬉しいです。    ※画像の大きさがおおざっぱなお勧め度です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はぶらし 近藤史恵

脚本家の主人公・鈴音のもとに数年間ろくに交流もなかった高校の同級生・水絵が突如子連れで転がり込んでくるというところから始まる。
主人公が無自覚なお人よしさと同級生の無自覚な図々しさとの対比が面白い。
ミステリーというものとは少し違うが、シングルマザーへの社会の扱いの描き方や、DVのにおわせ方などがうまいので、いろいろと考えさせられる作品になっている。
はぶらしはぶらし
(2012/09/27)
近藤 史恵

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

「はぶらし」近藤史恵

10年ぶりに会った友達を、どこまで助けたらいい?揺れる心が生み出した傑作ミステリー! 脚本家の鈴音は高校時代の友達・水絵と突然再会した。子連れの水絵は離婚して、リストラに遭ったことを打ち明け、1週間だけ泊めて欲しいと泣きつく。鈴音は戸惑いながらも受け入れた。だが、一緒に暮らし始めると、生活習慣の違いもあり、鈴音と水絵の関係が段々とギクシャクしてくる。マンションの鍵が壊されたり、鈴音が原因不... 粋な提案【2014/07/08 15:16】

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

blogramはじめました

blogram投票ボタン

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。