とりあえず読んでみる
本の感想を思いつくままに書いています。読んだ順番ではありません。   あと非常に偏った趣味なのでその辺もご理解いただけると嬉しいです。    ※画像の大きさがおおざっぱなお勧め度です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

口紅のとき 角田光代

口紅にまつわる思い出というかエピソードというかを年齢ごとに描いていくという形の小説。
非常に短い作品で、たぶんすぐに読み終わる。
だが、この短さの中にきちんと作者の口紅への特別な想いというものが読み取れるから不思議だ。
口紅のとき口紅のとき
(2011/12)
角田 光代、上田 義彦 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

「口紅のとき」角田光代

初恋、結婚、別離…ドラマはいつも口紅とともに。角田光代書き下ろし短編小説。 6歳から79歳まで、ひとりの女性の半生を口紅をテーマにして描いた連作短篇集です。 ひとつひとつは数ページに満たないのですが、どれも上手に口紅が絡む鮮やかなドラマ。 口紅と女性の心の有り様を繊細に描きます。人生の瞬間を切り取る著者の視線。 それぞれの短編の、物語を構成するひとつひとつの言葉選びの感性が素晴らしい... 粋な提案【2014/07/04 14:50】

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

blogramはじめました

blogram投票ボタン

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。