とりあえず読んでみる
本の感想を思いつくままに書いています。読んだ順番ではありません。   あと非常に偏った趣味なのでその辺もご理解いただけると嬉しいです。    ※画像の大きさがおおざっぱなお勧め度です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つむじダブル 小路幸也、宮下奈都

小路幸也と宮下奈都の合作。高校生の兄と小学生の妹の二人の視点から描いた家族の話。
兄のほうの視点で小路幸也が書き、妹の視点で宮下奈都が書いたものを交互に展開させる。
それなりに面白いのだが、非常に気になったのが、時代背景。
たぶんこれは私の年齢によるものが大きいと思うのだが、1990年代が青春時代だった人からすれば、この作品で語られる「当時」の胡散臭さが気になるのではないだろうか。
それ以外の点ではいい作品だっただけに、もうちょっと時代を切り離す工夫がほしかった。
つむじダブル (一般書)つむじダブル (一般書)
(2012/09/15)
小路幸也、宮下奈都 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

blogramはじめました

blogram投票ボタン

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。