とりあえず読んでみる
本の感想を思いつくままに書いています。読んだ順番ではありません。   あと非常に偏った趣味なのでその辺もご理解いただけると嬉しいです。    ※画像の大きさがおおざっぱなお勧め度です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星に願いを、月に祈りを 中村航

中村航の本を読んだことがなかったので、試しに読んでみた。
一瞬、女性が書いたものかと思うほどきれいな少年の描き方をする。もちろんいわゆる妄想を美化した感じではないので、そういう点では男性の文章ではあるのだが、なんというか少年の描き方が妙にきれいなのである。
それをいいと思うかどうかはひとそれぞれだと思うが、私は結構好きである。
が、しかし、あのラジオ放送の内容がどうも怪しげで好きになれなかった。
この組み合わせが自分の中でしっくりこなかったので、どうも違和感を持ったまま読み終えた感じになってしまった。
ラジオ放送の謎自体は解けたが、だからといって内容の気持ち悪さは消えないのであり、これが引っかかるような人間にはたぶんこの話は理解できない。
つまり私にはこの話の本当の良さは理解できていないのだろう。
星に願いを、月に祈りを星に願いを、月に祈りを
(2012/03/28)
中村 航

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

blogramはじめました

blogram投票ボタン

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。