とりあえず読んでみる
本の感想を思いつくままに書いています。読んだ順番ではありません。   あと非常に偏った趣味なのでその辺もご理解いただけると嬉しいです。    ※画像の大きさがおおざっぱなお勧め度です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽は動かない 吉田修一

これは吉田修一の中でも久々の大作というか、かなり気合の入った作品である。
民間の情報屋を主人公に、政治家や財界やなんか裏社会っぽいものが登場する今までの吉田修一にはなかったタイプの作品かもしれない。
今回の五十嵐の政治家像としては「平成猿蟹合戦図」と重なる部分があるが、今回のほうがよりそのキャラクターが生かされている。
若干、菜々とキムのラブストーリー的な部分が安っぽい感じになっているのが残念だが、全体としては非常に完成度の高い作品であり、今年を代表する作品の1つといっていいだろう。
太陽は動かない太陽は動かない
(2012/04/25)
吉田 修一

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

blogramはじめました

blogram投票ボタン

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。