FC2ブログ
とりあえず読んでみる
本の感想を思いつくままに書いています。読んだ順番ではありません。   あと非常に偏った趣味なのでその辺もご理解いただけると嬉しいです。    ※画像の大きさがおおざっぱなお勧め度です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空の冒険 吉田修一

全日空の機内誌に連載された小説とエッセイを合わせて単行本化したもので、「あの空の下で」の続編というか、まあ同じ形式の本である。
一つ一つは非常に短い話なのだが、どれもその短い中にいろいろと面白い要素があり、続きが読みたくなってしまう。
今回は「あの空の下で」と違って、エッセイと小説は交互に入っているのではなく、小説が前半にまとめてあった。(まあだからどうだということもないのだが。)
そして海外よりも国内を舞台にした話が多かったことも前作との違いかもしれない。
とりあえず、次に飛行機に乗る機会があったらちょっとANAをつかうように意識してみようかと思った。

空の冒険空の冒険
(2010/08/30)
吉田 修一

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

blogramはじめました

blogram投票ボタン

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。