とりあえず読んでみる
本の感想を思いつくままに書いています。読んだ順番ではありません。   あと非常に偏った趣味なのでその辺もご理解いただけると嬉しいです。    ※画像の大きさがおおざっぱなお勧め度です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖女の救済 東野圭吾

ガリレオシリーズのいいところは、トリックしか問題にしていないところだと思う。
逆にいえば、最初の前提で突っ込みどころ満載の「容疑者Xの献身」はこのシリーズとしてはあまり好きになれない。
東野圭吾が刑事ものなんてはなっから矛盾を抱えているようなものだが、トリックを暴くことだけに焦点が当てられているこのシリーズでは立場がどうであろうと、ただ謎ときとして楽しめる。湯川自身は警察の人間ではないというところが根本的な矛盾回避につながっていることもあるのだろう。
ただし、この作品で一つだけ物理学者らしからぬ発言「女性は~」
これは科学的でないとは思いませんか?湯川先生。
聖女の救済聖女の救済
(2008/10/23)
東野 圭吾

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

blogramはじめました

blogram投票ボタン

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。