とりあえず読んでみる
本の感想を思いつくままに書いています。読んだ順番ではありません。   あと非常に偏った趣味なのでその辺もご理解いただけると嬉しいです。    ※画像の大きさがおおざっぱなお勧め度です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

押入れのちよ 荻原浩

幽霊とかそういうのを扱った短編集。
ホラーっぽいのもあるし、コミカルな話もある。
ついでに若干推理小説っぽい話もある。
そして話のレベルも面白いものからそうでもないものまで結構あって、なんかばらつきがあるように感じた。
「押入れのちよ」と「殺意のレシピ」はおもしろかったが、はっきりいってつまらない話もいくつかあり、本としてはまあまあ普通の評価となった。
最近、叙述トリックが楽しめなくなってしまっているのも原因かもしれない。
押入れのちよ (新潮文庫)押入れのちよ (新潮文庫)
(2008/12/20)
荻原 浩

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

blogramはじめました

blogram投票ボタン

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。