とりあえず読んでみる
本の感想を思いつくままに書いています。読んだ順番ではありません。   あと非常に偏った趣味なのでその辺もご理解いただけると嬉しいです。    ※画像の大きさがおおざっぱなお勧め度です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋期限定栗きんとん事件 米澤穂信

ついに秋まで読みました。
今回は連続放火事件が起こる。
この放火事件の謎を追っただけだったらおもしろくもなんともない。
「このミステリーがすごい」で今年の10位に入るほどの作品でなければ。
今回は小山内さんがよかった。これでこそ本領発揮と言おうか。
彼女のキャラと小鳩君をうまく組み合わせた感じで、このシリーズの中では最高の出来だろう。
小学校中学校時代に少し読んだ推理小説もどきに出てきそうな少年が放火事件を追いかける。
この少年をかませたことで、小鳩&小山内の魅力を引き立たせる。
そして放火事件よりも最後の謎がメインだったというところもいい。
こういう推理小説なら素直に楽しめるものだと思った。
秋期限定栗きんとん事件〈上〉 (創元推理文庫)秋期限定栗きんとん事件〈上〉 (創元推理文庫)
(2009/02)
米澤 穂信

商品詳細を見る
秋期限定栗きんとん事件 下 (創元推理文庫 M よ 1-6)秋期限定栗きんとん事件 下 (創元推理文庫 M よ 1-6)
(2009/03/05)
米澤 穂信

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

blogramはじめました

blogram投票ボタン

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。