とりあえず読んでみる
本の感想を思いつくままに書いています。読んだ順番ではありません。   あと非常に偏った趣味なのでその辺もご理解いただけると嬉しいです。    ※画像の大きさがおおざっぱなお勧め度です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダブル・ジョーカー 柳広司

「このミステリーがすごい」で、なんと今年の2位だそうで。
そんなに面白いか?
まあ前作よりはおもしろかったかなあ。
だがあくまでそれは相対評価。
「へへっこんなすごいことができるんだぜ!!」って感じで全体としてそんなにわくわくとかそういう楽しみ方のできる作品ではないんだなあ。
限られた材料で鮮やかにひっかけられたときのほうが、参りましたって感じになるが、この作品においてはD班の連中は若干人間離れしているので、推理小説の楽しみ方はできない。
…と思ったら今年の2位だってよ、2位。
これが推理小説として優れているってことか?
専門家の考えることはわからない。
ただ最後の話は少しだけ好感が持てた。
むやみやたらと美化するだけではこの作品はただの妄想だったが、それをとりあえずまともなほうこうにおさめておいたのは評価していい。
ダブル・ジョーカーダブル・ジョーカー
(2009/08/25)
柳 広司

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

blogramはじめました

blogram投票ボタン

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。