とりあえず読んでみる
本の感想を思いつくままに書いています。読んだ順番ではありません。   あと非常に偏った趣味なのでその辺もご理解いただけると嬉しいです。    ※画像の大きさがおおざっぱなお勧め度です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静かな雨 宮下奈都

長編というには短いが、この作品だけで1冊の本になっている。ある意味芥川賞のような感じの本ともいえる。話としては足に障害がある主人公とたいやき屋の女性との物語で、事件はいろいろと起きるのだが、全体的に淡々と展開し、そのまま終わる。なんというかあまりにも「文学的」すぎてつかみどころのない感じがした。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

blogramはじめました

blogram投票ボタン

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。