とりあえず読んでみる
本の感想を思いつくままに書いています。読んだ順番ではありません。   あと非常に偏った趣味なのでその辺もご理解いただけると嬉しいです。    ※画像の大きさがおおざっぱなお勧め度です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サーモン・キャッチャー 道尾秀介

読み終えた最初の感想が「伊坂の出来損ないみたい」だった。荒唐無稽な伏線を張って最後に回収するという感じが伊坂幸太郎の作品に似ていて、でもそれがはっきりいってうまくいっていない感じがしたので、出来損ないのように感じてしまった。作中に出てくる架空の言語も日本語の音とは全く違う意味であるというところでうまくはまれば結構楽しめたのだろうが、「これで笑いでも取る気なのだろうか?」という疑問が付きまとい、正直、カタカナを追うのがばかばかしく思えてしまった。
まあ要するに面白くなかったので、すべてが悪く見えてしまうということなのだろう。

スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

blogramはじめました

blogram投票ボタン

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。