とりあえず読んでみる
本の感想を思いつくままに書いています。読んだ順番ではありません。   あと非常に偏った趣味なのでその辺もご理解いただけると嬉しいです。    ※画像の大きさがおおざっぱなお勧め度です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷の轍 桜木紫乃

身寄りのない老人の遺体が発見されるところから事件が始まる。そしてその老人の過去をたどっていくうちに事件の真相が明らかになるのだが…主人公に複雑な生い立ちを持つ女性刑事をおき、複雑な家庭環境ゆえの事件の捉え方や、感情の動きが非常に面白い。一つだけ惜しまれるのは、脇役で「凍原」の松崎比呂がところどころ出てくるところである。別に重要な役割ではないので、あえて出さなかったほうがよかったのではないかと思うのだが。

スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

blogramはじめました

blogram投票ボタン

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。