とりあえず読んでみる
本の感想を思いつくままに書いています。読んだ順番ではありません。   あと非常に偏った趣味なのでその辺もご理解いただけると嬉しいです。    ※画像の大きさがおおざっぱなお勧め度です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京會舘とわたし 辻村深月

東京會舘を舞台にした作品。長編小説という扱いだったが、連作短編集といったほうが近いかもしれない。一応メインは小椋という若手作家が東京會舘を舞台にした小説を書こうとするところから始まり、その流れで行くのだが、章ごとに主人公は異なる。とにかく辻村深月が東京會舘に強い思い入れがあることがわかる作品である。



スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

blogramはじめました

blogram投票ボタン

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。