とりあえず読んでみる
本の感想を思いつくままに書いています。読んだ順番ではありません。   あと非常に偏った趣味なのでその辺もご理解いただけると嬉しいです。    ※画像の大きさがおおざっぱなお勧め度です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

燦 あさのあつこ

東北地方と思われる架空の藩を舞台にした時代小説。神波とかいう謎の一族が出てきたりと若干八犬伝的な感じかと思いきや、何やら微妙に藤沢周平の香りがしないでもない作品。ずっと読んでいたのだが、このブログで書いたことはなかったので、最後の巻だけでも紹介。BLにしたくない少年同士の関係を描いたまあ中途半端といえば中途半端な作品ではあるが、時代小説が苦手な私が最後まで読めたということで一応普通評価に。伏線の回収が甘い気がするのだが、そういう風にいろいろといいたくなってしまうということでそれなりに楽しんだといえるだろう。

スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

blogramはじめました

blogram投票ボタン

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。