とりあえず読んでみる
本の感想を思いつくままに書いています。読んだ順番ではありません。   あと非常に偏った趣味なのでその辺もご理解いただけると嬉しいです。    ※画像の大きさがおおざっぱなお勧め度です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の消滅 中村文則

中村文則の描く「狂気」というものは本当に面白い。最初は何らかの事件に巻き込まれたような感じで話が始まるが、読み進めていくうちにそれがある計画の一部であったことが見えてくる。こんな風に言ってしまうと、恐るべきプロジェクトが大掛かりに展開される話のような印象を与えてしまうが、そんな大げさな話ではない。だが、そこに込められたもはや狂気としか言いようがないほどの思いは大掛かりなプロジェクトを展開するような話と同じくらいの衝撃を与える。
そんな狂気の中に自分の意志と外からコントロールされたものの境とはいったい何なのか、そもそも自分とは何を以て定義されるものなのか、という深いテーマが放り込まれているところも何とも中村文則らしい。ミステリーやホラーの世界とはまた違った意味で考えさせられ、かつ怖さを与える作品である。

スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

blogramはじめました

blogram投票ボタン

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。