とりあえず読んでみる
本の感想を思いつくままに書いています。読んだ順番ではありません。   あと非常に偏った趣味なのでその辺もご理解いただけると嬉しいです。    ※画像の大きさがおおざっぱなお勧め度です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わたしの神様 小島慶子

文章としては決してすぐれたものではない。視点があちこちに飛ぶし、表現も微妙な部分は多い。しかし、それらをすべて補ってなおあまりある圧倒的なリアリティがこの作品にはある。テレビ局の人間の悪意が見事に描かれている。そしてそんな中でしたたかに生きていく人々の行動や考え方の描きかが本当に素晴らしい。この説得力はそういう世界を生きて来た小島慶子だからこそ描けたのではないかと思う。そういう意味では一般的な小説とは少し異なるものといえるだろう。とはいえ単なるタレント本とは全く違う作品であることは間違いない。そんなちょっと変わった位置づけになる本ではないだろうか。

スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

blogramはじめました

blogram投票ボタン

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。