とりあえず読んでみる
本の感想を思いつくままに書いています。読んだ順番ではありません。   あと非常に偏った趣味なのでその辺もご理解いただけると嬉しいです。    ※画像の大きさがおおざっぱなお勧め度です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どこかでベートーヴェン 中山七里

岬洋介の高校時代を描いた作品。といっても期間としては非常に短い期間なのではあるが。高校生の描き方はそれなりに説得力があったのだが、警察ってそういうものだろうか?という違和感はあった。そういう意味ではミステリーのため、という要素が優先されてしまった部分があるのは残念である。
もう一つ言うなら最後の一行はよけいだったんじゃないだろうか。これやったらダメだろ、の典型的なパターンに思えたが。

スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

blogramはじめました

blogram投票ボタン

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。