とりあえず読んでみる
本の感想を思いつくままに書いています。読んだ順番ではありません。   あと非常に偏った趣味なのでその辺もご理解いただけると嬉しいです。    ※画像の大きさがおおざっぱなお勧め度です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カエルの楽園 百田尚樹

言いたいことはわかるが、小説としてはつまらなかった。小説は作者=神なのだから、「そういう設定です」といってしまえばなんだってできるわけで、ここまで単純化されると「その仮定なら、この結論」という感じで展開を導き出さざるを得ないため、結果としてツチガエルの大衆がただのバカみたいにしか思えない。彼らがなぜそう考えるのかの合理的な理由付けが何もできていないし、彼らが何を考えているのか想像をめぐらす余地がない。そういう意味では傑作というあおり文句にはかなり疑問がある。正直、私が今まで読んだ百田尚樹の作品の中で、一番面白くなかったのだが。

スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

blogramはじめました

blogram投票ボタン

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。