とりあえず読んでみる
本の感想を思いつくままに書いています。読んだ順番ではありません。   あと非常に偏った趣味なのでその辺もご理解いただけると嬉しいです。    ※画像の大きさがおおざっぱなお勧め度です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だれもが知ってる小さな国 有川浩

佐藤さとるの名作「だれも知らない小さな国」のオマージュというかなんというか。あえてあの書き出しをしているところからもかなりの熱意が伝わってくる。いくらなんでも作品中で佐藤さとるを持ち上げすぎなんじゃないかとは思ったが。
基本的に別の場所という設定にしてあるので、従来のコロボックルシリーズが好きな人でも、そもそもそれを読んだことがない人でもそれなりに楽しめる作品ではないかと思う。
余談だが、どさくさに紛れて旅猫リポートの話を入れたり、高知県アピールしたりと変なところで有川浩らしさがあった。

スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

blogramはじめました

blogram投票ボタン

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。