とりあえず読んでみる
本の感想を思いつくままに書いています。読んだ順番ではありません。   あと非常に偏った趣味なのでその辺もご理解いただけると嬉しいです。    ※画像の大きさがおおざっぱなお勧め度です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君は素知らぬ顔で 飛鳥井千砂

子供が主人公の人気ドラマを見ていた人々の世代が徐々に成長していく連作短編集。ドラマが軸になってはいるものの、ポイントはその当事者ではないところだと思う。まあそういう意味では最後の話はお約束っぽくてあまり好きになれなかったが、全体としてはそれなりに楽しめる作品である。

スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

blogramはじめました

blogram投票ボタン

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。