とりあえず読んでみる
本の感想を思いつくままに書いています。読んだ順番ではありません。   あと非常に偏った趣味なのでその辺もご理解いただけると嬉しいです。    ※画像の大きさがおおざっぱなお勧め度です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にじいろガーデン 小川糸

わりと特殊なケースの同性愛カップルの話といえるかもしれない。好意的に見れば新しい家族の在り方を描いた作品ともいえる。子供がうまく絡めてあるし、偏見についてもまあ多少描かれている。しかし、「事実婚」という形をとらざるを得ない人々との対立軸のようなものを作る必要があったのだろうか?同性愛者のほうが大変だ、というのは事実かもしれないが、その対立軸はよけいな気がした。同性の婚姻を認めない制度に意見を言うなら、その対象は事実婚の人々ではなく、行政であるべきで、そこをはき違えているため気持ち悪かった。

スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

blogramはじめました

blogram投票ボタン

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。