とりあえず読んでみる
本の感想を思いつくままに書いています。読んだ順番ではありません。   あと非常に偏った趣味なのでその辺もご理解いただけると嬉しいです。    ※画像の大きさがおおざっぱなお勧め度です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うずら大名 畠中恵

畠中恵の時代小説。別に妖怪は出てこない。ひょんなことから名主を継ぐことになった主人公と、やはり予想もしなかった事情により大名の座が転がり込んだ男の再会と、彼らを取り巻く様々な事件の話。「泣き虫」設定でなんとか主人公の個性を出そうとしているのだが、正直、あまり効果的に思えない。畠中恵の時代小説における主人公のワンパターンさが気になってしまった。とはいえ、うずらを飼っていて、そのうずらに活躍させるというのはなかなか面白い設定だし、話自体は結構面白かった。主人公が微妙という点を除けば、かなり楽しめる作品である。

スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

blogramはじめました

blogram投票ボタン

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。