とりあえず読んでみる
本の感想を思いつくままに書いています。読んだ順番ではありません。   あと非常に偏った趣味なのでその辺もご理解いただけると嬉しいです。    ※画像の大きさがおおざっぱなお勧め度です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

霧(ウラル) 桜木紫乃

すさまじいのを書いてきたなという感じ。時は昭和30年代から40年代。地元では有名な金持ちの三姉妹の真ん中が主人公。最初は親に反発し、芸者となり、そしてヤクザの妻となり…という人生を歩む。一方、一番上の姉は常に親の期待にこたえ続け、親の言いなりに地元の名士で政治家になろうとしている男に嫁ぐ。そして二人の姉が家を出たことにより、家を継ぐ運命を背負うことになる妹の3人の立場の違いやキャラクターの違いが本当にうまく描かれている。
ヤクザの妻である主人公が表面的には一番恐れられる存在なのだろうが、本当に怖いのは長女である。決して強いわけではなかったはずなのに、運命にあらがうために強くならざるを得ない主人公に心を打たれる。今年を代表するといっていい作品の一つである。

スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

blogramはじめました

blogram投票ボタン

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。