とりあえず読んでみる
本の感想を思いつくままに書いています。読んだ順番ではありません。   あと非常に偏った趣味なのでその辺もご理解いただけると嬉しいです。    ※画像の大きさがおおざっぱなお勧め度です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かけおちる 青山文平

「鬼はもとより」が面白かったので、別の作品も読んでみた。やはり藩の財政を立て直そうとする人たちの話なのだが、恋愛ではない事情を絡めたかけおちの真相というのがなかなかよくできている。解説でもあったように、若干男に都合のいい話であるきらいはあるが、それなりに説得力はある作品である。

スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

blogramはじめました

blogram投票ボタン

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。