とりあえず読んでみる
本の感想を思いつくままに書いています。読んだ順番ではありません。   あと非常に偏った趣味なのでその辺もご理解いただけると嬉しいです。    ※画像の大きさがおおざっぱなお勧め度です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テミスの求刑 大門剛明

犯罪被害者でもある検察事務官を主人公に過去の事件の真相と新たな事件の真相を描き出す作品。冤罪をテーマにした作品なのだが、これだけの作品はなかなかない。安っぽい話になりがちな冤罪というテーマをミステリーとして楽しめる作品にし、かつ安易なご都合主義でごまかさなかったところは本当に素晴らしい。登場人物は少し極端な気もするが、全体としてはよくできたミステリーである。

スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

blogramはじめました

blogram投票ボタン

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。