とりあえず読んでみる
本の感想を思いつくままに書いています。読んだ順番ではありません。   あと非常に偏った趣味なのでその辺もご理解いただけると嬉しいです。    ※画像の大きさがおおざっぱなお勧め度です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

14歳の水平線 椰月美智子

父親と中二病な少年の話。
いうことを聞かない息子を沖縄の実家に連れていき、たまたまそこで行われていたキャンプに息子を参加させることになる。
父親と息子の両方の視点から描かれているのだが、まあそんなに腹立たしいような描き方ではない。過疎の問題と開発に反対する人たちの意見の対立など、なかなか考えさせられる作品であった。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

blogramはじめました

blogram投票ボタン

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。