とりあえず読んでみる
本の感想を思いつくままに書いています。読んだ順番ではありません。   あと非常に偏った趣味なのでその辺もご理解いただけると嬉しいです。    ※画像の大きさがおおざっぱなお勧め度です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白い紙/サラム シリン・ネザマフィ

衝撃的な作品だった。戦争というものに対する感覚がこうも違うのか、と考えさせられた。…と書くとまるで反戦小説のように聞こえてしまうが、別に彼女はこの作品に強いメッセージを込めたわけではないのだろう。だからこそよけいに感覚の違いが際立って見える。芥川賞の候補になった際には文章が稚拙というような批判を受けていたが、確かに表現という点ではあまり芥川賞の選考委員に受けそうな感じはしない。だが、これほどの衝撃を与えられる作品を何らかの形でもっと評価してもいいのではないかと私は思う。
置かれた家庭環境によって選び取れる未来に違いがあることは普遍的なテーマとして十分に私たちにも通じるものであるし、戦争が日常生活にどのように影響を与えるか考えさせられる作品でもある。評価は分かれるかもしれないが、私はこの作品が日本人にとって非常に重要な意味を持つ作品だと思っている。

スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

blogramはじめました

blogram投票ボタン

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。