とりあえず読んでみる
本の感想を思いつくままに書いています。読んだ順番ではありません。   あと非常に偏った趣味なのでその辺もご理解いただけると嬉しいです。    ※画像の大きさがおおざっぱなお勧め度です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

波形の声 長岡弘樹

短編集。特にこれといって共通項があるわけでもないのだが、妙に男性的な雰囲気が漂う作品である。
面白かったのだが、ちょっと気になったのは「黒白の暦」。これって女性の感覚なんだろうか?どうも最後の真相に関しては「男」の視点のように思えたのだが…。もちろん女性がどう思うのかはわからないのだけれど。そういったところも含めて男性向けの作品だと感じた。
波形の声 (文芸書)波形の声 (文芸書)
(2014/02/14)
長岡 弘樹

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

blogramはじめました

blogram投票ボタン

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。