とりあえず読んでみる
本の感想を思いつくままに書いています。読んだ順番ではありません。   あと非常に偏った趣味なのでその辺もご理解いただけると嬉しいです。    ※画像の大きさがおおざっぱなお勧め度です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

片見里なまぐさグッジョブ 小野寺史宜

転校を繰り返していた主人公が数か月いた場所に父の遺骨を引取りに行き、そこでちょっとした事件の真相を暴くことに手を貸すことになる話。主人公といってしまったが、遺骨を取りに来た一時(イチトキ)と、お坊さんの徳弥の両方の視点で描かれているので、一時のほうを主人公と言い切ってしまうとちょっと問題があるかもしれない。
二人の組み合わせがなかなか面白く、伏線の処理の仕方も面白い。ミステリーというにはちょっと違うかもしれないが、ミステリー小説的な要素もあって楽しめる作品である。
片見里なまぐさグッジョブ片見里なまぐさグッジョブ
(2014/09/19)
小野寺 史宜

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

blogramはじめました

blogram投票ボタン

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。