とりあえず読んでみる
本の感想を思いつくままに書いています。読んだ順番ではありません。   あと非常に偏った趣味なのでその辺もご理解いただけると嬉しいです。    ※画像の大きさがおおざっぱなお勧め度です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの日、君と Boys

少年時代の思い出をテーマにしたアンソロジー。「Boys」なのに決して少年を描くのがうまいとは言えない井上荒野や西加奈子を入れたのは失敗だったのではないだろうか。正直、西加奈子の作品は明らかに少年時代の思い出という感じでもなかったし、話としても全くおもしろくなかった。女性作家を入れるのが悪いとは思わないが、せめてもう少し少年をきちんと描けそうな人にしてほしかった。
ただし、それ以外の作品はそれなりに面白く、本としてはなかなか良かったといえる。
あの日、君と Boys (あの日、君と)あの日、君と Boys (あの日、君と)
(2012/05/18)
ナツイチ製作委員会

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

blogramはじめました

blogram投票ボタン

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。