とりあえず読んでみる
本の感想を思いつくままに書いています。読んだ順番ではありません。   あと非常に偏った趣味なのでその辺もご理解いただけると嬉しいです。    ※画像の大きさがおおざっぱなお勧め度です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笹の舟で海をわたる 角田光代

あるドラマ評論によれば、先月終了したNHKの朝の連ドラの成功の要因の一つは「ダブルヒロイン」というところにあるらしい。対照的な二人の女性を置くことで多くの人がドラマに共感しやすくなるのだという。
この作品も左織と風美子の「ダブルヒロイン」と言える。主人公は左織で、風美子の視点で描かれることはないのだが、風美子の存在感が常にある。
戦後から現在まで深い付き合いを続ける二人の関係が時代背景をうまく織り込みながら展開する。
受け身の左織と積極的に人生を切り開いていく風美子との対比が非常によく、自分だったらどちらの意見に共感できるか考えさせられる作品である。
笹の舟で海をわたる笹の舟で海をわたる
(2014/09/12)
角田 光代

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

blogramはじめました

blogram投票ボタン

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。