とりあえず読んでみる
本の感想を思いつくままに書いています。読んだ順番ではありません。   あと非常に偏った趣味なのでその辺もご理解いただけると嬉しいです。    ※画像の大きさがおおざっぱなお勧め度です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金色のゆりかご 佐川光晴

うつ病で研修を途中で休んでいる研修医と望まない妊娠をしてしまった女子高生の出会いから、すごい展開になる物語。日本が人身売買大国と言われている実態が見事に描かれている。養子制度の問題など、あまり話題になっていないところにスポットを当てたところが素晴らしい。終わり方は微妙だが、問題提起としては優れた作品である。
金色のゆりかご金色のゆりかご
(2008/06/20)
佐川 光晴

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

blogramはじめました

blogram投票ボタン

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。