とりあえず読んでみる
本の感想を思いつくままに書いています。読んだ順番ではありません。   あと非常に偏った趣味なのでその辺もご理解いただけると嬉しいです。    ※画像の大きさがおおざっぱなお勧め度です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

硝子の葦 桜木紫乃

釧路を舞台にしたミステリー。ラブホテルの経営者が自動車事故で意識不明の間にその若い妻・節子と思われる焼死体が出てくるというところから物語が始まる。そして少し時間を戻して節子がどういう生活をしていたかが描かれている。そして浮かび上がってくる真相もなかなか面白かったし、事件の真相を突き止めようとするのが税理士というのも独特で面白かった。
なお「ホテルローヤル」が出てくるが、物語の本筋とはあまり関係がない。
硝子の葦 (新潮文庫)硝子の葦 (新潮文庫)
(2014/05/28)
桜木 紫乃

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

blogramはじめました

blogram投票ボタン

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。