とりあえず読んでみる
本の感想を思いつくままに書いています。読んだ順番ではありません。   あと非常に偏った趣味なのでその辺もご理解いただけると嬉しいです。    ※画像の大きさがおおざっぱなお勧め度です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんなにも優しい世界の終わりかた 市川拓司

終末の物語というのは個人的に好きになれない作品が多い。希望がないとかなんかそういうことではなく、作者の自己陶酔が感じられることが多いからである。残念ながらこの作品もそういう感じで、感動押し売り的な気持ち悪さ、しかも世界を終わらせるという大掛かりな設定にする理由もよくわからないという不可解さが相まって、読み終えた後に疲れしか残らなかった。
こんなにも優しい、世界の終わりかたこんなにも優しい、世界の終わりかた
(2013/08/22)
市川 拓司

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

blogramはじめました

blogram投票ボタン

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。