とりあえず読んでみる
本の感想を思いつくままに書いています。読んだ順番ではありません。   あと非常に偏った趣味なのでその辺もご理解いただけると嬉しいです。    ※画像の大きさがおおざっぱなお勧め度です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全部抱きしめて 碧野圭

「情事の終わり」の続編らしい。それを知らずに読んでしまい、読み始めてからどうやら続編らしいということに気づく。最後の解説ではどちらを先に読んでもいいというようなことを書いてあるが、この本を先に読んでしまった身としてはその意見に賛同できない。続編を先に読んでしまった時の「やってしまった」感がこの作品にはある。しかも今回は予備知識なしだったので余計に痛い目にあった感じがする。なまじ丁寧に描かれているだけに、描かれていない部分(つまり前作で書かれていただろうと思われる部分)が気になり、普通に不倫のその後の物語として読むにはちょっと厳しいような気がした。
全部抱きしめて (実業之日本社文庫)全部抱きしめて (実業之日本社文庫)
(2013/10/04)
碧野圭

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

blogramはじめました

blogram投票ボタン

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。