とりあえず読んでみる
本の感想を思いつくままに書いています。読んだ順番ではありません。   あと非常に偏った趣味なのでその辺もご理解いただけると嬉しいです。    ※画像の大きさがおおざっぱなお勧め度です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅者の歌 小路幸也

動物になってしまった兄、姉、許嫁を元に戻すために旅に出るという話。一応、そういう意味ではストーリーの筋はあるのだろうが、無駄な記述が多く、世界の構築に手間をかけているだけに思えた。話が途中で終わっているので続きが出るのであろうが、世界設定を作って満足するタイプのファンタジーのような感じに思えてしまって正直、続きが読みたいとは思えなかった。
旅者の歌 始まりの地旅者の歌 始まりの地
(2013/12/12)
小路 幸也

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

blogramはじめました

blogram投票ボタン

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。