とりあえず読んでみる
本の感想を思いつくままに書いています。読んだ順番ではありません。   あと非常に偏った趣味なのでその辺もご理解いただけると嬉しいです。    ※画像の大きさがおおざっぱなお勧め度です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソロモンの偽証 宮部みゆき

これは大作と言っていい。700ページを超えるもので3冊。普通ならこういう本は図書館で済ませるのだが、ついついハードカバーで買ってしまった。こんなことなら消費税が上がる前に買っておけばよかったと思った。長いだけの作品なら大作ではない。この作品は人物の描き方や事件の描き方が本当にすごいのだ。これほど強烈な作品はそうそうあるものではない。中学生らしさ、教師の事情、そういったものが複雑かつリアルに描かれていて時間を忘れて読んでしまった。終わり方も素晴らしかったし、伏線の処理も素晴らしかった。これだけの長さを全く飽きさせずに作品の世界に引きずり込んだ宮部みゆきはさすがである。
ソロモンの偽証 第I部 事件ソロモンの偽証 第I部 事件
(2012/08/23)
宮部 みゆき

商品詳細を見る
ソロモンの偽証 第II部 決意ソロモンの偽証 第II部 決意
(2012/09/20)
宮部 みゆき

商品詳細を見る
ソロモンの偽証 第III部 法廷ソロモンの偽証 第III部 法廷
(2012/10/11)
宮部 みゆき

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

blogramはじめました

blogram投票ボタン

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。