とりあえず読んでみる
本の感想を思いつくままに書いています。読んだ順番ではありません。   あと非常に偏った趣味なのでその辺もご理解いただけると嬉しいです。    ※画像の大きさがおおざっぱなお勧め度です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いまさら翼といわれても 米澤穂信

久々の古典部シリーズ。いわゆる日常の謎のシリーズなのだが、折木の過去の話がいくつか出てきたりして、ちょっと考えさせられる部分もある。全体的に若者らしい悩みが描かれていて面白かった。


スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

マカロンはマカロン 近藤史恵

8年ぶりの新刊。久々ではあったが、やはりこのシリーズは面白い。料理の話も興味深いが、そこにやってくる人々の問題をさりげなく解決していく感じが非常にいい。近藤史恵のシリーズものの作品の中では一番続いてほしい作品である。

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

本バスめぐりん。 大崎梢

定年退職後、移動図書館の運転手になった主人公が、その移動図書館行先で起こる様々な問題を解決(?)する話。大掛かりな事件でないので、気持ちよく読める。また図書館が本を買う人たちの味方であることもちゃんと描いてあるところもよかった。

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

クローバーナイト 辻村深月

いわゆる「イクメン」にあたる会計士の男を主人公にした家族の話。保育園に通わせる親たちの気持ちがよく描かれている。まあこんなにうまくいっている家庭はかなり少数だろうとは思うが、まあそれはそれで楽しめる作品である。

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

木もれ日を縫う 谷瑞恵

東京で暮らす若い女性のもとに母を名乗る知らない女性が現れる。母は山姥になったと主張するのだが…というような話であるが、一見ファンタジー風に見えて、実は結構現実的なところがいい。パッチワークがポイントになっているが、かといってパッチワークがわからなくても十分に楽しめる。3姉妹の関係とか生き方の問題とか非常に丁寧に描かれていて好感の持てる作品だった。

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

サーモン・キャッチャー 道尾秀介

読み終えた最初の感想が「伊坂の出来損ないみたい」だった。荒唐無稽な伏線を張って最後に回収するという感じが伊坂幸太郎の作品に似ていて、でもそれがはっきりいってうまくいっていない感じがしたので、出来損ないのように感じてしまった。作中に出てくる架空の言語も日本語の音とは全く違う意味であるというところでうまくはまれば結構楽しめたのだろうが、「これで笑いでも取る気なのだろうか?」という疑問が付きまとい、正直、カタカナを追うのがばかばかしく思えてしまった。
まあ要するに面白くなかったので、すべてが悪く見えてしまうということなのだろう。

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

blogramはじめました

blogram投票ボタン

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。