とりあえず読んでみる
本の感想を思いつくままに書いています。読んだ順番ではありません。   あと非常に偏った趣味なのでその辺もご理解いただけると嬉しいです。    ※画像の大きさがおおざっぱなお勧め度です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

代体 山田宗樹

生命とは何かということを考えさせる作品…かと思いきや何やら後半で違う方向に行ってしまったのが少し残念である。前半で出された問題提起が素晴らしかっただけにそこを正面から切り込んでほしかったなあというのが正直なところ。もちろん多少ずれたとはいえ、話としては十分に面白いので悪い作品ではない。

スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

ボーイミーツガールの極端なもの 山崎ナオコーラ

まあタイトル通りの連作短編集といおうか…出会い方とか付き合い方が極端というよりは人間性が極端な感じがした。まあ基本的には「極端なもの」だからいいかと思っていたのだが、入鹿という男のセリフや行動があまりにも嘘っぽくて山崎ナオコーラはこういう男を描くのが苦手なのかもしれないと思った。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

何様 朝井リョウ

直木賞受賞作となった「何者」の番外編を集めた短編集…ではあるが、最後の「何様」は別の話と考えていいだろう。
どの話にも共通して言えるのは、どうしてこの人はこうも鮮やかに「若さ」を切り取って見せることができるのだろうということ。年齢とは関係ないところで感じている部分をここまで表現できる作家はなかなかいないだろう。

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

明日の食卓 椰月美智子

同姓同名の子供を持つ3組の親子の話。最初の記述から若干の叙述トリックというか推理小説的な感じを出そうとしているのが正直、蛇足で気持ち悪いのだが、全体としては面白かった。だからこそ余計に叙述トリックもどきの伏線が気になってしまった。

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

奇縁七景 乾ルカ

ちょっとした怪現象をテーマにした連作短編集。最初の話がちょっとグロいので、若干ひいてしまったが、それ以外は普通の話だったので、少し安心した。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

燦 あさのあつこ

東北地方と思われる架空の藩を舞台にした時代小説。神波とかいう謎の一族が出てきたりと若干八犬伝的な感じかと思いきや、何やら微妙に藤沢周平の香りがしないでもない作品。ずっと読んでいたのだが、このブログで書いたことはなかったので、最後の巻だけでも紹介。BLにしたくない少年同士の関係を描いたまあ中途半端といえば中途半端な作品ではあるが、時代小説が苦手な私が最後まで読めたということで一応普通評価に。伏線の回収が甘い気がするのだが、そういう風にいろいろといいたくなってしまうということでそれなりに楽しんだといえるだろう。

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

中野のお父さん 北村薫

出版社に勤める女性が、中野に住む元・国語教師の父に謎解きを依頼する形のいわゆる「日常の謎」に分類されるタイプのミステリー。事件が大掛かりでないところがいい。久々に北村薫の日常の謎の作品を読めたという点でもなかなかいい作品である。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

blogramはじめました

blogram投票ボタン

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。