とりあえず読んでみる
本の感想を思いつくままに書いています。読んだ順番ではありません。   あと非常に偏った趣味なのでその辺もご理解いただけると嬉しいです。    ※画像の大きさがおおざっぱなお勧め度です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少女病 吉川トリコ

少女小説家の母を持つ父親の違う3人の娘を描いた作品。娘一人一人になった話と最後は母が主人公になった話で構成されている。どちらかというと人間のダメな部分に焦点が当てられているのだが、妙に説得力があり、なかなか面白い。それにしてもこの手の作品を読むとつい「細雪」と比較したくなってしまうのはなぜだろう。別に似ているとかそういうわけではないのだが。

スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

みずうみのほうへ 上村亮平

何かよくわからない話だった。場面転換がいろいろとある割にはそれがうまく流れていかない感じがする。文学的というのはえてしてよくわからないものが多いが、この作品も私にはよくわからなかった。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

闇に咲く あさのあつこ

いつのまにやらこのシリーズも3冊目。ただおいちの特殊能力に関しては改めて文中で説明がなされているし、そこまで前の話を引きずっているわけでもないので、前の2冊を読んでいなくてもそれなりに楽しめるだろうと思う。今回はかなり物騒な事件が出てくる。ミステリーとしては少しインチキくさい部分もあるが、あまり厳しいことを言わずに楽しむべき作品だろう。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

かけおちる 青山文平

「鬼はもとより」が面白かったので、別の作品も読んでみた。やはり藩の財政を立て直そうとする人たちの話なのだが、恋愛ではない事情を絡めたかけおちの真相というのがなかなかよくできている。解説でもあったように、若干男に都合のいい話であるきらいはあるが、それなりに説得力はある作品である。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

ミリオンセラー・ガール 里見蘭

アパレル業界から出版社の営業に転職する女性が主人公。話としては出版業界の抱える問題などがいろいろあって主人公ががんばります、的なまあありきたりなものだが、主人公が完全素人ということで登場人物に仕組みをいろいろと説明させるという工夫がされているので、ほかの出版業界ものよりもわかりやすい話だといえるだろう。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

サーカスの夜に 小川糸

成長しないという何やら小川洋子の「猫を抱いて象と泳ぐ」のような感じのする主人公だったが、まあこちらはサーカスに入る少年だから別にいいのだろう。話としてはいろいろと突っ込みどころがないわけではないが、破たんしてはいない物語で、そんなに悪くはなかった。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

空色の小鳥 大崎梢

ある計画のため、主人公は血のつながらない兄の子を引き取る。この計画というのが一つのポイントだが、結果として本人の思惑とは違った形で、でもそれなりにいい結末に至る過程がなかなか面白い。わけありな友人たちもいい味を出していて、ミステリーとしてというよりは一つの家族ドラマとして楽しめる作品である。

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

晴れ女の耳 東直子

どちらかというとホラーの短編集なのだが、理不尽さを恐怖に変えようとするいわゆる腹立たしい感じのホラーではなくて、わりと安心して読めるホラーなので、それほど怖くはないのだが、好感の持てる作品である。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

小さな幸福 角田光代

全体として1つの話というような感じの扱いではあるが、実際には登場人物がふとした恋愛エピソードを思い出しながらつながっていく連作短編集と考えたほうがいいだろう。意外と普通だったりするもののほうが覚えていたりするものだというのがうまく描かれていて面白かった。
読者からのいろいろな思い出が最後のほうに掲載されていてそれもなかなか面白いものがあったりする。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

羊と鋼の森 宮下奈都

ピアノの調律師の物語。題材が面白い。北海道の田舎を舞台にしたのは宮下奈都が北海道の田舎で生活したことと何か関係があるのだろうかとどうでもいいことを考えてしまったが、人物の描き方が宮下奈都らしくて穏やかな気持ちで読める。話の展開はある程度読めるが、そんなことはどうでもいいと思えるような作品である。

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

明日町こんぺいとう商店街

東京の下町にある商店街を舞台にしたアンソロジー。それぞれの話で作者は違うのだが、同じ人物を描いている場合がある。基本的には視点が違うので別に問題ないのだが、一人だけちょっと違和感がある作品があった。
話によって好みにあう合わないはあるかもしれないが、総じて良くまとまっているので、今まで読んだことのない作家に出会えるという意味でも読んでみる価値のある本である。


テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

いろごと 加藤千恵

ファッション誌で連載されていたものらしい。色をテーマにして、短歌がまずあり、その情景を描いた短編小説、最後にイラストという構成でたぶんかなりおしゃれな本なのだろう。しかし、そういうものとは無縁の私でも話はそれなりに楽しめる。ただやはり男性が買うにはちょっとハードルが高い本ではないだろうか。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

テミスの求刑 大門剛明

犯罪被害者でもある検察事務官を主人公に過去の事件の真相と新たな事件の真相を描き出す作品。冤罪をテーマにした作品なのだが、これだけの作品はなかなかない。安っぽい話になりがちな冤罪というテーマをミステリーとして楽しめる作品にし、かつ安易なご都合主義でごまかさなかったところは本当に素晴らしい。登場人物は少し極端な気もするが、全体としてはよくできたミステリーである。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

書店ガール 碧野圭

不人気ドラマの原作ということで面白がって読んでみた。
話としては悪くない。書店員を題材にしながら本当にしょうもないことをする人たちがうまく描かれている。ドラマ自体は見ていないのだが、単純にキャストに問題があったんじゃないかという気がする。どう見ても亜紀のイメージではない女優を無理やり起用した感じがする。そういう「アイドルのためのドラマ」にしてしまったせいで原作の良さが伝わらなくなるのは残念である。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

水やりはいつも深夜だけど 窪美澄

植物が出てくる短編集。…というがそれぞれの短編のタイトルに入れてる割にそんなに植物は関係ない。その植物である必然性は全くないように思える。基本的な筋としては最後の話を除き夫婦と幼稚園ぐらいの子供1人という家族構成でその中のいわゆる日常の話。これといって何かがあるわけでもない。何か惜しい感じのする作品である。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

14歳の水平線 椰月美智子

父親と中二病な少年の話。
いうことを聞かない息子を沖縄の実家に連れていき、たまたまそこで行われていたキャンプに息子を参加させることになる。
父親と息子の両方の視点から描かれているのだが、まあそんなに腹立たしいような描き方ではない。過疎の問題と開発に反対する人たちの意見の対立など、なかなか考えさせられる作品であった。

二千七百の夏と冬 荻原浩

久々に荻原浩の本を読んだ。縄文時代というか弥生時代というかという時代のあたりと2011年夏との二つの場面が描かれている。メインは縄文時代のほうなのだが、正直、かなり長く感じられた。もう少しすっきり読めればもっと楽しめたのにと思う作品である。


テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

嗤う淑女 中山七里

蒲生美智留という美少女の周りの人物の視点で彼女の周りで起こる様々な事件を描いていく作品。最後に蒲生美智留自身の視点の話になるが、なかなか恐ろしい話である。骨髄移植設定は少々ご都合主義的な気がしないでもないが、それ以外はなかなかよくできていて楽しめた。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

blogramはじめました

blogram投票ボタン

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。