とりあえず読んでみる
本の感想を思いつくままに書いています。読んだ順番ではありません。   あと非常に偏った趣味なのでその辺もご理解いただけると嬉しいです。    ※画像の大きさがおおざっぱなお勧め度です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホケツ! 小野寺史宜

中学からずっとサッカー部の補欠だった少年が主人公。サッカーの話よりも人間関係が主なので、サッカーに興味がなくても楽しめる。主人公の自己主張の弱さも男子にありがちな感じでとてもよかった。
ホケツ!ホケツ!
(2015/02/07)
小野寺史宜

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

ある日、アヒルバス 山本幸久

ドラマ化されるというので読んでみた。主人公のガイドっぷりがなかなか面白いし、会社の在り方がリアルだし、なかなかいい作品だと思う。というわけでドラマのサイトに行ってみたら…原作完全無視。原作がよくできているだけに、そんなことはしてほしくなかったと思った。
個人的には原作に忠実に主演・柳原可奈子でトリンドル玲奈を使いたいならクウの役にして、あとは戸田夏美役には吉田羊あたりがいいのではないかと思うのだが、いかがだろうか?
ある日、アヒルバス (実業之日本社文庫)ある日、アヒルバス (実業之日本社文庫)
(2010/10/05)
山本 幸久

商品詳細を見る

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

書店員の恋 梅田みか

まあ内容としては薄っぺらいのだが、主人公のケータイ小説の捉え方に好感が持てた。そういえば最近ケータイ小説とやらをみなくなったが、やはりああいうものはすたれていくものなのだろうなとどうでもいいことを考えながら読んだ。話としては読みやすいので、その程度には楽しめる作品である。
書店員の恋 (日経文芸文庫)書店員の恋 (日経文芸文庫)
(2013/10/25)
梅田 みか

商品詳細を見る

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

戻る男 山本甲士

タイムスリップを扱った作品。非常に説得力があり、最終的な展開もとてもよかった。単なるタイムスリップものというよりミステリーとしても楽しめる作品である。
戻る男 (中公文庫)戻る男 (中公文庫)
(2012/03/23)
山本 甲士

商品詳細を見る

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

私に似た人 貫井徳郎

今まで読んだ貫井作品としては最高傑作といっていい。いろいろな人の場合をつなぎ合わせていくのだが、社会に対する人々の無力さの描き方が非常にいい。また、偏見で悪を描くというような気持ち悪いことをしていないところにも好感が持てた。
私に似た人私に似た人
(2014/04/08)
貫井徳郎

商品詳細を見る

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

有頂天家族 二代目の帰朝 森見登美彦

有頂天家族の続編。前作からかなり時間がたっているので、結構忘れてしまっている部分もあったが、それなりに楽しめた。
物語中では前作と比べてそれほど時間の経過はないので、そのあたりで多少の違和感はあるかもしれないが、気にせずに楽しむべきだろう。
筆者のタヌキ愛を感じる作品でもある。
有頂天家族 二代目の帰朝有頂天家族 二代目の帰朝
(2015/02/26)
森見 登美彦

商品詳細を見る

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

EPITAPH東京 恩田陸

エッセイ集と見せかけたような感じがする部分もあり、明らかに小説だと分かる部分もあり、戯曲部分もあり、それらが絡み合って一つの作品になっている。よくわからない部分もあるのだが、それも含めて、楽しめる作品である。
EPITAPH東京EPITAPH東京
(2015/03/06)
恩田 陸

商品詳細を見る

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

刑事の約束 薬丸岳

シリーズの3作目から読んでしまったということを後で知った。これについてはタイトルからしてシリーズものだったので、筆者の落ち度はない。筆者に落ち度があるとしたら、妙に雑な部分が見受けられるところだ。地の文で誘導するのにかなり無理な感じがしたりといろいろと気になってしまった。ちょっとしたところでもっと面白くなったんじゃないかと思うと少し残念な作品でもある。
刑事の約束刑事の約束
(2014/04/16)
薬丸 岳

商品詳細を見る

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

幸せ嫌い 平安寿子

変な男に引っかかったせいで結婚も仕事も棒に振ってしまった主人公が、怪しげな結婚相談所で働くことになり…というなかなかハードな設定なのだが、主人公も周りの人物もさばさばしていて、深刻にならずに読める。相変わらずの容赦ない描き方が痛快である。
幸せ嫌い幸せ嫌い
(2015/02/26)
平 安寿子

商品詳細を見る

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

スクールセイバー 学園危機一髪! 須藤靖貴

「スクールセイバー」の続編。学校で起こる事件ということでたいして大掛かりでないところがいい。教師にスポットを当てているため、生徒が移り変わっていく様子などがあまりでてこないのがいいのかもしれない。本格的なミステリ好きには物足りないかもしれないが、心温まるお話として楽しめる作品である。
スクールセイバー 学園危機一髪! (小学館文庫)スクールセイバー 学園危機一髪! (小学館文庫)
(2015/02/06)
須藤 靖貴

商品詳細を見る

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

それを愛とは呼ばず 桜木紫乃

またすごいのを書いてきたなあという印象。10歳年上の社長と結婚した男と、売れない女性タレントの2人を軸に描かれている。女の男への思いは愛なのか、というところがタイトルになるのだろうが…愛だとする考え方もあるだろう。それは愛とは呼ばないという考え方もあるだろう。そんな状況だからこそ最後の紗希の台詞が切ない。
それを愛とは呼ばずそれを愛とは呼ばず
(2015/03/11)
桜木 紫乃

商品詳細を見る

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

blogramはじめました

blogram投票ボタン

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。