とりあえず読んでみる
本の感想を思いつくままに書いています。読んだ順番ではありません。   あと非常に偏った趣味なのでその辺もご理解いただけると嬉しいです。    ※画像の大きさがおおざっぱなお勧め度です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

起終点駅 桜木紫乃

インタビューによれば「無縁」をテーマにした本らしい。その通りに「ひとり」をテーマにした短編集。新聞記者の山岸が複数の話に登場するが、その点を除けば連作短編集という感じはしない。
北海道を舞台にというのは桜木紫乃の作品ではよくあることだが、桜木紫乃の場合、文学っぽさを出すために地方を舞台にしたという感じがしない。単純に地方を描ける強みを生かした作品と言える気がする。
起終点駅(ターミナル)起終点駅(ターミナル)
(2012/04/16)
桜木 紫乃

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

憤死 綿矢りさ

綿矢りさにしては珍しい短編集。
綿矢りさの冷静な視点が生かされていて、なかなか面白い。若干感動仕立てというか文学作品仕立ての「人生ゲーム」はともかくとして、どれも登場人物に妙に説得力があり、表題作などは、うまいところを突いてくると感じた。綿矢りさの文章が嫌いな人には勧めないが、わりと幅広い層で楽しめる本ではないかと思う。
憤死憤死
(2013/03/08)
綿矢 りさ

商品詳細を見る

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

また次の春へ 重松清

重松清の久々の短編集。
テーマとしては3月11日の震災後の人々を描いた作品。といっても直接被災した人というよりは、自分自身はそこにいなかった人、というのが特徴である。
重松清の優しさというのはこういうテーマを描くには本当にうってつけだと思う。
また次の春へまた次の春へ
(2013/03/09)
重松 清

商品詳細を見る

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

短篇五芒星 舞城王太郎

タイトルの通り、短篇が5つ入った短編集。
何やら奇妙な人物が出てきて日常っぽい中に取り込まれている感じ。言葉の使い方も舞城らしい感じで、たぶん好き嫌いが割れる作品だろう。
結構謎を謎としたままの部分があるので、もっときちんと書いてほしいと思う人がいるかもしれない。
ただこれはこれで楽しめるので、個人的にはこれでありだと思う。
短篇五芒星短篇五芒星
(2012/07/13)
舞城 王太郎

商品詳細を見る

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

夢を売る男 百田尚樹

自費出版で暴利をむさぼる会社の営業マン兼編集者みたいな男が主人公。
出てくる自意識過剰なカモたちをひっかけていくさまが面白い。
とはいえ、こんな長期にわたってブログを書いている私もカモの要素は十分なので、絶対にうまい話には乗らないことにしようと固く誓ったりもした。
夢を売る男夢を売る男
(2013/02/15)
百田 尚樹

商品詳細を見る

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

シロシロクビハダ 椰月美智子

化粧品会社に勤める女性の話。タコリというゆでだこの亡霊みたいなキャラが最初に出てくるので、これが重要な役割を果たすのかと思いきや、そうでもなく、無駄ではないと思うが、細かく紹介しなければいけないほどでもないように思えた。
話全体としてはタコリを抜きにしても別に問題なく楽しめる作品だと思ったのだが。
シロシロクビハダシロシロクビハダ
(2012/11/27)
椰月 美智子

商品詳細を見る

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

笑うハーレキン 道尾秀介

疫病神に取りつかれてホームレスになった…と思っている(?)男の話。
人間を描くためにミステリーを描くという道尾秀介らしい作品ともいえる。
まあいくつか解決していない問題もあるような気がしないでもないが、それはあまり問題にならない作品だろう。
笑うハーレキン笑うハーレキン
(2013/01/09)
道尾 秀介

商品詳細を見る

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

ロートケプシェン、こっちにおいで 相沢沙呼

学園もののミステリーというには若干深刻な問題も織り込んであったり、よけいな叙述トリックも織り込んであったりと何やら妙な作品。普通に学年もののミステリーとして楽しめる作品にしてくれたほうが良かったような…事件の解決法は現実的だし、一つ一つの話はそれなりによくできているだけに、よけいな叙述トリックの安っぽさがが気になってしまった。
ロートケプシェン、こっちにおいでロートケプシェン、こっちにおいで
(2011/11/19)
相沢 沙呼

商品詳細を見る

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

blogramはじめました

blogram投票ボタン

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。